我家の夏の決算 〈神戸・旧居留地〉

f0033161_20342571.jpg

       この夏我家では一度も昼間にエアコンを点けなかった。
       外出が多かったわけではない。むしろ例年の夏よりは家で過すことが多かった。
       午前中、気温が上がり始める頃からは風呂の残り湯などを利用してバルコニーに水を撒くことを徹底したのだ。
       そうすると、水撒き効果で生じる爽やかな微風の心地よさに気付いたからである。
       物干し棹にゴザを掛けて影を作くり、簡易ベッドでとる昼寝も快適そのものだった。
       “省エネ”なんて大仰に考えた訳ではなく、心地よさを求めた結果だった。
       快適さ=エコロジーになったことが嬉しい。
              
       
       
[PR]
by snapshashin | 2010-09-21 21:04 | 兵庫 | Comments(0)


<< melting-down 〈M... 美 >>