世紀を超えて・・・ 〈神戸・旧居留地〉

Elliott Erwitt展(京都・何必館)、木村伊兵衛写真展「パリ」(ニコンプラザ大阪)観てきました。
どちらも20世紀半ばの写真ですが、今なお新鮮で美しい・・・感動しました。
f0033161_4405256.jpg

[PR]
by snapshashin | 2008-05-13 04:49 | 兵庫 | Comments(8)
Commented by blue-bossa-ray at 2008-05-13 22:43
こんばんわぁ^^

写真展に行かれたんですね。
良い刺激をもらったようで、これからのお写真に反映されそう。
ぽっかり浮かんだような車・・・とっても面白い光の捕らえ方ですね^^
Commented by nobulinn at 2008-05-13 22:46
こんばんは。
このお写真、光がとても不思議な感じですね。
車にスポットライトがあたったような・・・
アートっぽくて、かっこいいです!
木村伊兵衛のパリの写真、同じ物ではないかもしれませんが、去年銀座で見ました。
そうですね、とても美しいものをみたな~という心地よさに包まれました。
Commented by yashimai at 2008-05-13 23:08
こんばんは。
これすごいじゃないですか。素晴らしいです。
Commented by saka_hama at 2008-05-14 21:11
こんばんは。
旧居留地はおもむきのある建物が多いですよね。
僕も神戸にいたときはあの辺りをよく徘徊したものです。
Commented by snapshashin at 2008-05-15 22:43
rayさん、今晩は。
久しぶりに見ごたえのある写真展に出会いました。
写真集などで何度も眼にしている作品が多くありましたが、プリントで見ると深みが全く違いますね~
Commented by snapshashin at 2008-05-15 22:46
nobulinnさん、今晩は。
私が見たのはNIKONがコレクションしているものだそうです。Nobulinnさんが見たのと同じかも知れませんね。
半世紀前のカラー写真が生き生きと残っているのは驚きました。我が家の古いアルバムにカラー写真が混ざりだすのは45年前位いから。モノクロプリントは今もしっかりしてますが、カラープリントは殆ど変色して見れたものじゃない。
ネガを探してプリントしてみようかな・・・。
Commented by snapshashin at 2008-05-15 22:48
今晩はyashimaiさん。
神戸の旧居留地は、日の角度によって色んな物や建物など、街の表情が大きく変化します。
私にとっては、何度歩いても飽きが来ない不思議で大切な街です。
Commented by snapshashin at 2008-05-15 22:49
saka_hamaさん、今晩は。
旧居留地は震災後随分雰囲気が変わりました。
それでもここは神戸の街のカラーを彩る重要なポイントの一つですね。


<< 山の辺の道~① 〈奈良県〉 堀川辺り-Ⅲ 〈兵庫県高砂市〉 >>